メニュー

整形外科疾患

整形外科について

当院には日本整形外科学会の専門医が在籍しています。

 

    1. 整形外科の守備範囲
      整形外科とは、人体の運動器官の病気や外傷(ケガ)を取り扱います。背骨・手・足など、全身の運動器官を造りあげている、骨・関節・筋肉・靭帯・腱・脊髄・神経の病気、外傷(ケガ)による損傷、手足などの先天性疾患(生まれつきの奇形など)を治療します。大変広い守備範囲となります。例えばしびれ、肩こり、五十肩、顎の痛み、皮疹、下肢むくみも整形外科疾患としてみることがあります。どこに受診をしてよいかわからない時などは一度ご相談ください。状況をみてより適切な外来へのご紹介をいたします。

    2. できるだけ運動機能を、元通りにする(運動機能回復)
      そして整形外科の治療は、単に病気やケガを治すだけでなく、運動機能を元に回復させることを目的とします。不幸にして、運動機能の回復が十分に得られなかったとしても、 残った機能を最大限に活用して、元の状態に出来るだけ近く機能を回復させることも、整形外科の大きな役割です。勿論、この際リハビリテーション医療が必要となります。
      当院ではクリニック2階、リハビリスクエア3階の2種類のリハビリ施設をご用意しています。患者様の状況に応じてご案内いたします。
      リハビリテーションのページへ

    3. 痛みをとること運動機能の障害だけでなく、痛みを主とする疾患(俗に神経痛・リウマチなどと言われる病気)の治療を行なうのも、整形外科の主要な仕事です。まずは適切な診断が必要になります。その上に患者様と相談の上、内服治療、注射、リハビリテーションを組み合わせていきます。 当院では東洋医療も導入しており、上記治療にて症状緩和が著しくない場合には鍼灸あん摩マッサージ、漢方治療を併用することで改善を目指します。西洋医療・東洋医療の併用、これを統合医療と呼びます。


統合医療のページへ

  1. 整形外科では、様々な治療を行います(保存的治療と手術的治療)
    整形外科の治療は手術による場合だけでなく、手術をしない保存的な治療も多く行なわれます。整形外科の手術には、さまざまな種類があります。例えば、次のような手術があります。脊髄・脊椎に対する手術・神経の手術・腱の手術・骨の手術(骨接合術など)関節の手術(人工関節置換術など)等々があり、時には切断された指や手足などの再接合術も行なわれることがあります。手術を第一に希望される患者様は少ないです。まずは手術ではない治療(保存的治療)を当院で一定期間行います。
    そのうえで日常生活への負担が大きい場合は相談の上に状況に応じて専門外来へご案内をいたします。
整形外科外来のまとめ
  • 背骨と脊髄を扱う「脊椎外科」
  • 上肢を扱う「手外科」と「肩関節外科」
  • 下肢の「股関節外科」、「膝関節外科」と「足の外科」
  • スポーツによるけがや障害を扱う「スポーツ医学」
  • 膠原病、リウマチ、痛風など全身的な関節痛を扱う「リウマチ外科」
  • 腫瘍(できもの)を扱う「骨・軟部腫瘍外科」
  • 骨粗鬆症などを扱う「骨代謝外来」
  • 交通外傷、労働災害、擦り傷、切り傷、捻挫、骨折などの外傷

整形外科は多数の専門分野があり、広い守備範囲を持ちます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME