メニュー

京命ブログ

スポーツ頑張りすぎていませんか?(2024.05.22更新)

こんにちは。

 

いよいよ野球シーズンが開幕し

とてもわくわくしています。

 

私は先日、神宮球場まで野球観戦に行ってきました!

惜しくもドラゴンズは終盤の逆転負けで

開幕戦勝利とはなりませんでした🥲

まだまだシーズン始まったばかりです!!

今年は大いに名古屋を盛り上げてほしいですね!

 

 

 

 

 

 

 

ここからが本題です!!!

 

この春、中学や高校に進学し、新しい部活に挑戦したりなどで

運動量が急激に増えている学生さんが多いのではないでしょうか。

 

 

今日は成長期に多く見られる

腰椎分離症についてお話したいと思います。

 

分離症とは、背骨の疲労骨折のことです。

 

分離症は背中を反らす動作、捻る動作やジャンプの着地などの

衝撃で発症することが多いです。

野球やサッカー、バスケットボール、バレーボールなどの

頻繁に身体をかがめたり、腰をひねったりするスポーツをしている方に多くにみられます。

 

 

初期の段階では自覚症状がないこともあり、

気づかないうちに発症していることもあります。

 

スポーツで腰を反った時や捻った時に

腰に電気が走るような痛みがあったり

長時間座っているだけでも腰の痛みがあったりすると、分離症を疑います。

 

疲労骨折から症状が進むと、

やがて完全に骨が折れて椎弓が分離します。

 

 

 

 

 

 

 

分離してしまうと、背骨の安定性が失われてしまいます。

 

分離症と診断された場合は、まずは安静。

更にコルセット着用での治療を行います。

 

治療期間中は数か月のスポーツ休止が必要になります。

その間はリハビリで体幹トレーニング、患部外トレーニングなどで

体力を維持していくことが重要です。

 

・同じところを痛めないこと

・以前よりも強い身体にしておくこと

・体力を落とさないこと 

などを目標にリハビリをしていきます。

 

プロのスポーツ選手も同様で

怪我をして離脱をしなければいけない状況となると

通常通りプレーをしている選手以上に

体力トレーニング、筋力トレーニングを行っています。

 

復帰して100%のパフォーマンスをするためにリハビリはとても重要です💪

 

 

当院のリハビリでは

セラピストが個人の状態に合わせて

スポーツ復帰のために出来る事をすべて指導させていただきます。

 

 

何かお困りごとがあれば、まずは診察でご相談ください🙇

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME